2018.04.04 吉高の大桜と佐倉チューリップ祭りのサーベイ・サイクリング

2018.04.04 吉高の大桜と佐倉チューリップ祭りのサーベイ・サイクリング

マーカーリスト

20180404

プロフィールマップ

GPSログ解析

開始日時2018/04/04 09:16:33終了日時2018/04/04 14:43:40
水平距離68.70km沿面距離68.74km
経過時間5時間27分07秒移動時間3時間25分55秒
全体平均速度12.42km/h移動平均速度19.74km/h
最高速度44.61km/h昇降量合計524m
総上昇量262m総下降量262m
最高高度34m最低高度3m

区間解析

地点名通過時刻
移動時間
累積距離
区間距離
平均速度高度
高度差
平均勾配
01 スタート地点09:16:330.00km 16m 
 00:33:2612.30km22.1km/h↓4m↓0.03%
02 手繰川谷津道09:54:3612.30km 12m 
 00:08:382.94km20.4km/h↓5m↓0.17%
03 物井ミニストップ10:03:5915.24km 7m 
 00:49:5816.33km19.6km/h↑24m↑0.15%
11 吉高の大桜11:10:4631.57km 31m 
 00:28:359.83km20.6km/h↓26m↓0.26%
14 佐倉ふるさと広場12:07:1441.40km 5m 
 01:25:1827.34km19.2km/h↑11m↑0.04%
16 ゴール14:43:4068.74km 16m 

写真レポート


01 スタート地点

2018/04/04 09:16:33

01 スタート地点

【京成みどり台 ラウンドアバウト交差点】



02 手繰川谷津道

2018/04/04 09:54:36

02 手繰川谷津道

車のいない広々として自然に溢れた谷津道に入ると、思わずホッとします。
これから田植えの準備で水を入れると、周辺の気温は一気に下がって夏でも快適なサイクリングが楽しめます。



2018/04/04 10:03:59

03 物井ミニストップ

一回目の休憩。
ここで今日の概ねのルートを考えます。



04 名も知れぬ裏道の坂

2018/04/04 10:17:14

04 名も知れぬ裏道の坂

今回は何となく千葉敬愛短期大学先の信号を左折して名も知れぬ裏道を進みましたが、やはり単なる裏道で特に印象に残る景色はありませんでした。
写真はこの裏道の上り坂。 特にお勧めしない道ですが裏道をのんびり走りたい方はこのコースをお通り下さい。
最後は林間の狭いスリッピーな坂をクリアしなければならないので初心者向けとは言えません。

いつも通り千葉敬愛短期大学のひとつ先の大きな交差点を左折して佐倉鹿島橋方面に進むことをお勧めします。



05 総武線トンネル上

2018/04/04 10:24:02

05 総武線トンネル上

ここから総武線の線路が真直ぐ西に伸びていて、この裏道で一番の景勝地。 ・・・と言うことは足の下はトンネル。 一寸不思議なことに、この高台のすぐ北側は平らな田んぼの地形。 だったら線路を引くときに少しだけ北側にすれば、わざわざ高い丘にトンネルを掘らなくても良いのにと不思議に思ってしまいます。



2018/04/04 10:28:00

06 林の中の狭い下り坂

林の中に入ると狭くて落ち葉が溜まっている道が急に下り坂になります。 
但し距離はほんの100m程度ですが、濡れている時は滑りやすいので要注意です。



07 佐倉城址の堀

2018/04/04 10:33:30

07 佐倉城址の堀

表道は車が多く、路肩の舗装も良くないので、この地点から佐倉城址公園の周回道路に移動しました。



08 理由無き幅寄せ

2018/04/04 10:45:40

08 理由無き幅寄せ

双子公園に向かう県道65号線の下り坂、速度は35km/h程の安全運転。
後から小型乗用車が近づいて来たので少し左によって先へ行かせようとしたところ、対向車と擦れ違いざま、いきなり路肩一杯に幅寄せされました。 丁度、真横の位置でした。 こちらは必死になって舗装路から外れて落ち葉の深い道路わきの荒地に入り込む他はありません。 急激にハンドルが取られて落車かと思いましたが何とか体制を整えて無事復帰!
腹が立って思い切り追いかけましたが先に信号も無い道で追いつけません。 体制を立て直すのに必死で相手のナンバーを確認する余裕はありませんでした。
多分、相手は意図的では無くて幅寄せしたことも気付かないボケXXに違いありません。
自転車にもドライブレコーダーが欲しいと思った瞬間でした。
スピードが35km/h程度であったことと、車道から外れた路面の固さと高さの差が少なかったのが救いであったと思います。 やっぱりヘタクソなドライバーに命を預けることになる路肩の無い車道は怖いと真から思いました。



09 印旛捷水路

2018/04/04 10:54:49

09 印旛捷水路

今日の吉高の大桜へのアプローチは印旛捷水路(いんばしょうすいろ)から急坂を直登するルートとしました。
この水路脇のサイクリングロードは気持ち良いですね。



10 関所に遭遇

2018/04/04 11:08:34

10 関所に遭遇

今年から、この地点からも自転車に乗ったまま進むことは出来なくなりました。
警備員が配置され、ここから自転車を押して歩いて下さいと低姿勢な態度でお願いされました。
仕方が無いですね。



11 吉高の大桜

2018/04/04 11:10:46

11 吉高の大桜

吉高の山桜は今年も見事な姿を見せてくれました。
係りの方に伺うと、4月3日と4日がピークで、これからは葉が多くなるとのことでした。
山桜は元々満開時にも多くの葉が見られるので、今週末でもそれなりに楽しめるそうです。



12 50m程のダート

2018/04/04 11:24:56

12 50m程のダート

今日の帰路は大桜近くの高台から成田スカイアクセスの脇を通って印旛捷水路へ向かうルートを選びました。
殆どは舗装されているのですが、このマーク手前が工事の為に舗装がされていません。
それ程の凸凹はないので、ロードバイクでもゆっくり進めば大丈夫と思います。



13 印旛沼 土浮干拓

2018/04/04 11:43:17

13 印旛沼 土浮干拓

2018-04-04 11:43:17
「松虫寺伝説」の中で、和尚がお経を唱えると印旛沼の水が引いて通り道が出来たとの言い伝えで「土浮」と命名されたそうな。
何度も紹介したいつものヤツですが、まだ見てない方は下記URLのお話を楽しんで下さい。

[松虫姫伝説前編]
http://www.youtube.com/watch?v=9ywFrQZas8A

[松虫姫伝説後編]
http://www.youtube.com/watch?v=Pz5q1WCj80Y



14 佐倉ふるさと広場

2018/04/04 12:07:14

14 佐倉ふるさと広場

チューリップ祭りメイン会場。
2018年度は4月4日から25日までチューリップ祭りが開催されています。
今日は初日の為か、駐車場の空きを待つ車が長い列を作ったり、売店のレジ待ちでも人の長い列。
肝心のチューリップは今日現在で既に満開。 25日まで持つのかな?



15 畔田谷津

2018/04/04 13:31:20

15 畔田谷津

手繰川左岸の谷津道を通って帰宅の途中、畔田谷津の看板を発見。
ロードバイクでは進入が不可能な様なので、オフロード仕様の自転車か徒歩で進む必要がありそうです。



16 ゴール

2018/04/04 14:43:40

16 ゴール

スタート地点でもある、京成みどり台 ラウンドアバウト交差点をゴールとしました。
今日は気温が高く夏のウェアで丁度良い程の気候でした。



inserted by FC2 system