2018.04.08 既に終わった桜路をトレースする のんびりサイクリング

マーカーリスト

20180408

プロフィールマップ

GPSログ解析

開始日時2018/04/08 07:57:14終了日時2018/04/08 14:44:11
水平距離81.76km沿面距離81.80km
経過時間6時間46分57秒移動時間3時間50分22秒
全体平均速度11.86km/h移動平均速度20.95km/h
最高速度46.69km/h昇降量合計662m
総上昇量330m総下降量332m
最高高度36m最低高度2m

区間解析

地点名通過時刻
移動時間
累積距離
区間距離
平均速度高度
高度差
平均勾配
01 第一集合地点07:57:140.00km 7m 
 00:25:038.86km21.2km/h↑21m↑0.24%
02 第二集合地点08:24:468.86km 28m 
 00:24:239.49km23.3km/h↓22m↓0.23%
03 第三集合地点09:02:2718.35km 6m 
 00:36:5213.99km22.8km/h↑21m↑0.15%
04 松虫コーヒー09:55:2532.34km 27m 
 00:09:363.45km21.5km/h↑4m↑0.12%
05 吉高の大桜10:22:5835.78km 31m 
 00:13:405.65km24.8km/h↓27m↓0.48%
07 うなぎ い志ばし10:49:0841.43km 4m 
 00:08:113.11km22.8km/h↑29m↑0.93%
09 宗吾霊堂11:34:3044.54km 33m 
 00:31:0411.33km21.9km/h↓28m↓0.25%
10 佐倉チューリップ祭り12:23:4855.88km 5m 
 00:07:292.21km17.7km/h↑5m↑0.23%
11 補給休憩ポイント13:04:4258.08km 10m 
 01:14:0423.72km19.2km/h↓4m↓0.02%
16 ゴール地点14:44:0981.80km 6m 

コメント


【メモ】
今年も恒例の吉高大桜サイクリングを開催しましたが、今年はご存知の通りで全般的に桜の開花が早く、吉高の大桜も開花は週中の火曜・水曜(4/3,4/4)となり、その後の雨と強風でサイクリング当日の土曜日は桜の花も全滅状態となってしましました。 仕方がないので、日曜日に別名『既に終わった桜路をトレースする テキトーサイクリング 』と銘打って改めてサイクリングの募集を行ったところ合計4名がエントリーとなり、当クラブのサイクリングイベント認定ライン3名を何とか上回ることが出来ました。
吉高大桜サイクリングは過去には最大22名ほどの大人数となってこともありましたが、今回の様にオヤジばかりの4人、一寸寂しいかなと思うとそんな事はありません。 臨機応変に動き回って、普段は入らない松虫コーヒー(やっばりダメでしたけど)、い志ばしの鰻、宗吾霊堂そして佐倉チューリップフェスタを楽しんだ後は車の少ない田舎道をのんびり走って春を楽しんだりで、やっぱり充実したサイクリングとなりました。

【気候】 
最高気温:15.0℃ (印西市12時頃)
最低気温: 9.0℃ (千葉市7時頃)
天候:晴れ 
風:  午前中 西南西 1.3~4.2m/s ⇒ 午後から北北東 3~4m/S

【本日のウェア】 
上:クラフト袖なしアンダー + 長袖コンプレッション + 半袖ジャージ + Montbell薄手ウィンドブレーカー
下:Shimanoロングレーパン
その他: グローブ、三角巾とタオル、パナチ2号

【地図について】
◎プロフィールマップの高度は「轍」の高度補正機能(国土地理院の10mメッシュデータ引用)で補正しました。

◎実走行のGPXファイルは地図ウィンドウ左下の「download GPX 」を右クリックしてダウンロードして下さい。

◎走行軌跡上のマークはウェイポイントと呼ばれ、00-99の数字で走行の順番を示しています。 [例] 01 第一集合地点
 このウェイポイントを引用する際は Way Point 01 または 記号でWP01 と表記します。

 Way Pointの色は目的別に下記の通り色分けして使用します。
    赤:見どころ (史跡・ビューポイント・目的地等)
    青:案内Point (始点・終点・坂下・坂上・曲り角・通行止め等)
    黄:コンビニ、休憩地点
    橙:食事場所
    桃:注意
    緑:コメント
   水色:その他

写真レポート


01 第一集合地点

2018/04/08 07:57:14

01 第一集合地点

【幸町ファミリーマート】
大分暖かくなって来ましたが今朝の気温は9℃。  長袖アンダーに半袖ジャージと薄手ウィンドブレーカーでは走行中に肌の表面が冷たく感じます。 でも日照があるので何とかなるでしょう。
今日の走行コースはメインの大桜が期待出来ないので参加者メンバーの希望を取り入れて決めようと考えつつ、第二集合地点に向けて定刻に出発しました。
そうそう、Google Mapの位置情報をここでオンにして、合流地点で待っているメンバーが安心して待てる様にしました。 また、今日の参加申し込みをしていない人でも私の位置情報を見て合流してくれることも少々期待して・・・。



02 第二集合地点

2018/04/08 08:24:46

02 第二集合地点

【三角町デイリーヤマザキ】
背中から風が押してくれた為か、意外に早く到着。 ここで1名が合流した後、話に花が咲いて予定出発時刻を少し遅れてしまいましたが第三集合地点である「やちよ道の駅」に向けて出発。



03 第三集合地点

2018/04/08 09:02:27

03 第三集合地点

【道の駅やちよ】
北総や印西方面に向かう際は、殆どの場合は「やちよ道の駅」を第三集合地点に設定しています。
途中で結構おしゃべりタイムを費やしたにも関わらず、千葉市幸町から約1時間で到着。 風が背中を押してくれたからか? ここで4名が揃いました。
昨日まで荒天が続いた為か今日の人出は多く、やちよ道の駅は沢山の車や自転車で混雑していました。 



04 松虫コーヒー

2018/04/08 09:55:25

04 松虫コーヒー

今日は気楽なので、今迄行ったことがない、「松虫コーヒー」を楽しもうということになって初めて訪問。
開店時間は十時なので暫らく外で待っていたのですが、開店時間を過ぎても、店の扉は開きませんでした。 折角のチャンスだったのに何だろう・・・期待して来たのに・・・。。



05 吉高の大桜

2018/04/08 10:22:58

05 吉高の大桜

分かっていて来たのですが、吉高の大桜はご覧の通り、花は1%、葉が99%と今までに無い位の遅過ぎ訪問。
でも薄くて柔らかい桜葉と菜の花が調和して、別の美しさを醸し出していました。
このまま、佐倉チューリップフェスタに向かっても仕方がない。 そこで時間も早いので普段は滅多に行けない 「うなぎの い志ばし」へ行こうと全員一致で決定しました。
今日の退路は、大桜の脇から北総線の脇を通って印旛捷水路(いんばしょうすいろ)へ向かうルート。
人も車も全くいないガランとした道ですが、残念なことに工事中で50m程がダート。 でもゆっくり走ればロードバイクでも大丈夫です。



06 甚兵衛公園

2018/04/08 10:43:53

06 甚兵衛公園

宗吾霊堂に奉られている義民、佐倉惣五郎の美談の陰になっていますが、この伝説に欠かせないのが甚兵衛の存在。 詳細は添付URLの記事でお勉強して下さい。

【江戸川半舗】
http://z45ku5e.seesaa.net/article/241631941.html



07 うなぎ い志ばし

2018/04/08 10:49:08

07 うなぎ い志ばし

まだ11時前なので店内はガラガラと思いきや、店内は満席で既に食事をしています。
でも到着時刻が早いで、まだ長い列は出来ていません。 おおよそ10分待ちで着席出来ました。

【食べログ】
https://tabelog.com/chiba/A1204/A120401/12000178/



08 うなぎ い志ばし発

2018/04/08 11:24:39

08 うなぎ い志ばし発

いつもは混雑で順番待ちをする気持ちにもなれない「い志ばし」の鰻重は本当に久し振りです。
鰻の高騰でお値段(上うな重 2,600円)も他のうなぎ屋とそれ程変わらなくなりました。
それでも有名店になった今、いつも混雑しているのはそれなりに魅力のあるお店になったと判断できると思います。 写真のうな重(上)は少々小ぶりながら身はほっくりと柔らかく、鰻としての旨みのあるものでした。 但し、私の好みからいうと、タレが甘すぎ、山椒もスーパーで売られている様なフツーの商品であったのは少々ガッカリ。
折角、有名になったので競争相手の多い印旛沼周辺のお店としては頑張って戴きたいと思います。
でも何故か、あの「キタナシュラン」で有名になったお店の雰囲気は嫌いではありません。
待ち時間が少なかったので滞在時間は約35分でした。



09 宗吾霊堂

2018/04/08 11:34:30

09 宗吾霊堂

歌舞伎でも演じられた義民・佐倉宗吾(木内惣五郎)伝説で有名な宗吾霊堂には資料館があり、先の甚平衛とともに継承された資料が公開されているそうです。
また、紫陽花の季節には本堂の裏側に広大な紫陽花園があり無料で拝観が出来ます。

【佐倉惣五郎伝説】
https://www.rekihaku.ac.jp/about/books/1.html

【宗吾霊堂】
https://maruchiba.jp/sys/data/index/page/id/8947



10 佐倉チューリップ祭り

2018/04/08 12:23:48

10 佐倉チューリップ祭り

さて、今日のお花見の目玉ともいうべき佐倉チューリップ祭り会場にやって来ました。 今回は宗吾霊堂方面から京成線沿いに入場したので全く混雑を感じなかったのですが、会場に来てビックリ!
もの凄い人、そして長い長い駐車場の空き待ち車両の渋滞が終わりが見えないほど続いています。
これでは、いつ駐車場に入れるのか全く想像が付きません。 多分、ドライバーのお父さんだけが車に乗って並んでいるのかな?
チューリップ畑は毎年広くなり、オランダ風車のずーっと奥まで続いているのは本当に見事です。
でも自動車での入場はお勧めしないですね。 近くの京成臼井駅から歩いた方が良さそうです。
それよりもお勧めなのは、やはり自転車ですが肝心の駐輪場が狭いので駐輪に苦労しました。 来年は駐輪場を拡大し、自転車での来場を呼びかけた方が良いのかなと思いました。



2018/04/08 13:04:42

11 補給休憩ポイント

【セブンイレブン佐倉王子台2丁目店】
今年のチューリップ祭りの人出の多さには驚かされましたが、会場からの道路に並ぶ駐車待ちの列はこのコンビ二の前だけでなく、更に先の水道通り京成臼井駅入口付近まで並んでいます。 これではいつ駐車場に入れるのか想像も付きません。 それに周辺地域の動脈である水道道路の東行きが渋滞の為に機能していません。
やはり、こんな時は自転車が一番ですね。



12 手繰川谷津道終点

2018/04/08 13:41:00

12 手繰川谷津道終点

千葉市までの帰路は、観光シーズンならではの不慣れなドライバーからの非意図的な攻撃(これが一番怖い)を避けるべく、臼井の町を抜けた場所から四街道まで続く手繰川谷津道を進むことにしました。
ここは別世界。 谷津道に入ったとたんに広大な自然の中に入り、思わずほっとしてしまいます。
写真は手繰川の終点付近で、東関東自動車道のアンダーパスが目に入って来ます。

【注意】
東関東自動車道の両側には側道と思われる道路が併設されていますが、両側とも対面交通なのです。
横断の際は必ず、右見て左見て安全を確認してから進んで下さい。 これを両方の側道で繰り返します。



13 物井駅付近のJR踏切

2018/04/08 13:49:43

13 物井駅付近のJR踏切

先の東関東自動車道の先は市街化の為に住宅地を走ります。 但し裏道なので基本的に車の量は多くはありません。
車の途切れない佐倉街道(県道64号)を歩行者用横断信号で渡って暫らく進むと、鹿島川支流の谷津道にJR物井駅付近で合流します。  今日もこの鹿島川支流の谷津道にスイッチして先に進みます。



14 鹿島川支流谷津道

2018/04/08 13:55:40

14 鹿島川支流谷津道

鹿島川支流谷津道はJR物井駅の近くで本流に合流する短い谷津道ですが、今日はこの谷津道を走って四街道市街地をバイパスしてJR都賀方面に向かいます。
この谷津道の源流点は四街道ゴルフ倶楽部付近で、自然にこだわりたい人は源流点の少し先の若松台の森道を通って国道51号の裏道に向かうことも可能です。 
しかし、市街化がかなり進んだ現在でも自転車であれば、こんなに自然に恵まれた環境の中で時間を過ごすことが出来るなんて、千葉県はまだまだ恵まれています。
私は、不適格ドライバーに命を預ける交通量の多い表道が好きではないので、可能な限り裏道を探し、行き止まりで行ったり来たりの気まぐれサイクリングが大好きで楽しんでいます。



15 都賀原町谷津田

2018/04/08 14:25:23

15 都賀原町谷津田

鹿島川支流谷津道の終点から国道51号線と並行する裏道に進むとJR都賀駅付近の市街地に至ります。
ここからモノレール沿いに西に進んで再度JR外房線を横断すると道は市街地から外れて徐々に自然の風景が増えて来ます。 写真はこの先の原町に未だ存在する広大な谷津道。 千葉駅まで本当に目と鼻の先です。 こんな超市街地の隅にこの様な谷津田が広がっているなんて千葉市はまだまだ捨てたもんじゃないですね。
ここはJR都賀駅から千葉行きの電車に乗ると右側に田園風景がチラリと見える その場所です。



16 ゴール地点

2018/04/08 14:44:09

16 ゴール地点

【ファミリーマート幸町二丁目店】

今日の行程の所要時間と距離を測定する為にスタート地点に戻りました。
今日は日照がほど良くあり距離も短かったので、のんびりと千葉市から佐倉市に亘る自然路をゆっくりと楽しむことが出来ました。

本日の走行距離 81.8km
総行程時間 6時間46分57秒



2018/04/08 17:39:36

99 まぐろ屋

【昼食参考ポイント】
宗吾霊堂向い側のお店。



inserted by FC2 system